« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

エーデルワイスのケーキ

2006 実家の近所のエーデルワイスのケーキ。

30年以上前から私たち三姉妹のお誕生日や

入学・卒業祝いクリスマスなど・・・

決まってエーデルワイスのケーキを

父と母は用意してくれました。

シンプルなスポンジ生地に、これまたシンプルな

生クリームといちご。なつかしい味。

今月、実家に帰省したとき、姉たちが甥っ子や姪っ子もつれて

実家で集まってくれました。

夏生まれの子供たちばかり4人の誕生会を母がやってしまおう!と

昼間にカーテンを引いて、ハッピーバースデーの歌とキャンドル。

子供らより、母となった姉たちがとっても嬉れしそうでした。

1_1

2_2今、いろんなパティシエの

ケーキとか食べあるきして

わたし感想を述べちゃったり

しているけど、実家で食べるケーキはこれが一番

美味しい。ほっとする味。遺伝子に組み込まれてしまったのか

甥っ子も姪っ子もくびったけになって食べてたよ!

2006,6月子供たちの誕生会実家にて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

すぐき漬け

Photo_11

Mae

京野菜のすぐきのお漬物。

酸味のなかに甘味を含み

歯触りもしなやか。。。

ある友人から「どうしても関東以北では手に入らないよ。関西ならきっと手に入るはず!」

さっそくの夕方の活気のあるデパ地下を3件回ると

丸まんまのすぐきはもう完売です!

刻みすぐきならあと200gだけ残ってます

というので仕方なく買ってみた。

でも刻み!・・・美味しいではないか!

丸は朝一でないと手に入らないと言われ

美味しさの探求!さっそく翌朝一番、阪急梅田本店へ!

こちら関西地区でも午前中のうちに品切れになるこの逸品。Photo_12

冷蔵流通でも発酵が過度に進むようで

関西でしか手に入らない状況です。

とのことだった。

どうやら健康関連のテレビで報道されたようで

さらに手に入りにくくなっていた。

※すぐきには乳酸菌の一種『ラブレ菌』が含まれており、このラブレ菌はヒトの体内で、ガン細胞やウィルスの働きを抑制するインターフェロンの生産を促す※

つまり、すぐきお通じもの。

なおかつ、ガン細胞にまで働きかけるらしい。

丸のすぐき漬けはさらにうまし。

さわやかな風味、ヨーグルトのような??

お漬物ってこんな味?

翌日からおといれには日に何度も行くこととなりました。きゃっ。

友よ!母へのプレゼントと言っていたね。

親孝行してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

クリームスカッシュ

Photo_10 梅雨入り直前の大阪堀江にて

クリームスカッシュという飲み物を飲んだ。

クリームソーダーとは何が違うのか?

オーダー時に聞いてみた

「どんな感じですか?」

「飲んでみないとわからない味です。」

というので・・・じゃあそれで!と頼んだ。

クリームソーダーのアイスのとこが

ホイップ巻き巻きで出てくるのかしら?と

勝手に思いこんでいた私にこのフツーな感じ。

ちょっと腹が立った。

でも飲んでみないとわかりません、という言葉が

ぴったりの飲み物だった。

確かにクリーミー。くせになりそうなこのバニラ感。

お洒落な大人のクリームソーダーって

こんな感じなの?

このお店、中島美嘉さんが何度か訪れているらしい。

また飲みたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »