« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

アンチョビと卵のトーストサンド

(↓Clickしたら大きく見れます)

_1 サンドイッチといえば

わたしはイギリス山食パンとか

ちょっとハード系なパンをトーストして

マーガリンを塗って、ブラックペッパーや、岩塩をふり

好きな具材をはさんで食べたい。

このレシピは芦屋の某有名サロンにて出会ったトーストサンドを

勝手に思い出しながら想像して作り上げたもの。

思い出すとヨダレガ・・・

いつか自分のカフェでメニューのひとつに加えたいのです。

(かなり勝手にですが・・・)

友人が最近ホットサンドに凝っていると聞き是非教えたいとおもって

UPしちゃいました~ ワインに合うと思うので

夜メニューにしてもいいかも!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

Aprons

Aprons

Aprons_1 友人からのプレゼントが

山形の素敵な雑貨SHOPから届きました。

chotto futto

ちょっと笑顔ふっと優しくなれる雑貨や  chottofutto

http://www.chottofutto.jp

「Aprons」 

アメリカの’50~’70年代の

アンティークエプロンばかりを集めためずらしい洋書!!

ソファの傍らに置こうと決めてさっそく開いてみたら

色々なテイストのエプロンがあって

すぐこのエプロンが気に入りました。

ヒョウ柄にお花のモチーフ、レースの左カップの中に

白い小鳥が3羽。

テーマは TAKE THE POWER!

私、エプロンして働ける職業に就いてゆきたいわ。

女30にして改めて確認することができました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

奈良の富有柿でJam作り

Yufukaki10月立派な柿が友人から届きました。

それはそれは美しい正方形をして、

届いたばかりのシャキシャキな柿は

驚くほど甘い!

長芋と柿を短冊切りにして旭ポン酢でいただく。

これまで食したことのないほど美味な柿なます。

ジャムを作りたい・・・が、熟してから~じゅくしてから~

キッチンの籠の中で待つこと3ヶ月。

Kakijam

富有柿2個が熟した250gの果肉となり

上白糖200g

レモン果汁大さじ4

煮詰めました。

明日の朝、トーストと食べるのがたのすみぃ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

今年初の積雪

20060123snowmorning

Fish_snow_morning

深夜にそーっと積もった雪は

いつもの朝の小さな音々を

完全に吸いとってしまって

幻想的な気持ちにさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOCEのソファ

Sofa_2

狭い部屋にどっしりと構えたソファ~。

存在感ありです。

アンテークなコーヒーテーブルがあれば

文句なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

67th!my Dad !

67th_dad_2 明日は私の父のBirthDayです。

編みこみAge Breadを作ってみました。

遠くに住んでいるので本日配送するつもり!

私も来週30になるだよ。

おとうちゃ~ん !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

アンドロイド

雨の日にお部屋で見てた映画はロボットものの「アンドリュー」。

近い地球の将来に家電製品であるお手伝いロボットが

学びゆき、表情から人の気持ちを察知出来るようになったり

自分でも表情で感情を表すことを望む。

人間の不条理や、不完全ささえも理解できるようになって

心も体もどんどん人間に限りなく近づいてゆく。

人を愛し、人間としての自然の摂理を自らも求め

 死 を迎えるといった内容のもの。

なぜか私はこの映画が好きでもう3度も見ている。

繰り返し見る映画はこれと「TAMALA2010」。

(これは猫が人間のように暮らしている近未来のネコ地球の話。)

単純にロボットや近未来が好き!でもあるとも思うんだけど。

毎年進化しているASIMOをみるたんびにも心躍るし。

夫にも不思議がられているけれど。

よくわからないけど アンドロイド 気になるの。

子供のころに見た松本零時の銀河鉄道999の影響なのかなぁ。

もしか生まれ変わったら自分がアンドロイドになりたい?

色々と不完全な自分について不安になる気の弱さ

アンドリューを見るとちょっと落ち着くんです。

ここだけの話し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

お正月明けには

Fast_pizza3 こうゆうのんが食べたくなるよね。

今日は一日中ず~っと・雨・雨・雨・・・・

お部屋でDVDを見ていたらコバラガすいて

きてしまい。

こんな時、目の前にPIZZAが突然現れたら!!!

こう願いはじめたら、ものの2、3分で

コバラがオオバラ空きになってきて

もういてもたってもいられず、大手宅配ピザ店を

インターネットで検索っっっ☆★☆

・・・・・OH!マイガーっっっ!わが町、配達圏外!

もうひとつ違うPIZZASHOPを調べてみたら

何とか配達してくれるものの、

隣町からエンヤコラサッサになってしまうという。

急にしょぼくれたテンションに、余計な心配ごとまで

浮かんでは消え浮かんでは消えし、

こんな雨の中で来てもらうのに、

万が一デリバリーの人がバイクで何かあったら?

あたすぃ一生ピザ食べたくなくなりそうだし・・・

それに・・・お高いでしょ?宅配。

はぁ~もやもやしてきた!!こうなったら作っちゃえ!

いろんなレシピを私なりに勝手に解釈して

生地から捏ねても30分で焼きあがるPIZZAを作っちゃいました。

四角い生地のクリスピーピザでございます。

美味しゅうございましたわよ。

~生地配合~ 下記大体の量はこんなん?て感じで。

小麦粉                           100 g
仕込み水(40℃程の温水)    80cc
イースト                        小さじ1
ハチミツ                         5cc
ベーキングパウダー  小小さじ1/4
塩              小小さじ1/4

~具① トマトチーズとハーブソース~

ディル  
ナチュラルチーズ(マリボー)
プロセスピザチーズ
ミニトマト
しいたけ
オリーブオイル
・・・・ぞれ適量
~具② ツナマヨコーン~
ツナ
コーン
マヨネーズ

胡椒
・・・・・それぞれ適量

①、②の具はそれぞれすべて適当に切ったりしてにボールに混ぜておく。

生地の材料もすべて大きめのボールの中で混ぜて一まとまとまりになったら

台の上で圧力をかけて捏ねるを約2分。                                 

その後ボールの中に戻しラップをして約10分温かいところ      

(オーブンについてる発酵機または40℃ほどのお湯に湯銭や

わたしんちはコタツの中もありです。)

で発酵させる。電気オーブンに220℃で余熱。

その後、麺棒に打ち粉をふり、台の上で四角く薄く30cm×25cm位に伸ばす。

クッキングシートに乗せてまず5分焼く。

取り出して裏返しにしてから具①②を半々に乗せて5分焼く。

飾りにもディルを乗せて出来上がり!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

そして母・・・

お正月、実家で母と深夜こっそり横浜名物のハーバーや葛餅を    食べながらいろんなことをおしゃべりをした。

私は三姉妹で、姉二人にしても私にしても学校を出て働いたか   働かないか程度の25歳ころにはお嫁にゆき               今はそれぞれのスタイルで生活している。

育児をしながら、夫の両親の支えになったり

商売をする家族の支えとなったり

未熟ながらも持っている力を精一杯だしつつ・・・

母はまるで家政婦はみた、の市原えつこのように陰からこっそりと

いろんなアドバイスをくれる。

自分の経験でよかった事も悪かった事もあるようだけど

家族を内側から支えるには「自分が悪者になっても乗り越えろ!」と

極端だけど強くあれみたいなことを言うこともある。

幼いころ東京大空襲の戦火を経験し、心を強くした女の精神は                 まねようともなかなかできない。

深夜、友人のお土産のチョコレートに手が伸びたころ

まだ子供のいない私に                                      「あんたたち、大変ね、でも我慢できなかったら帰ってきちゃいなさい。」

・・・。

こう言って帰ってくる娘がいるとも思ってないだろうけど。

本当は姉たちにももっと甘えてもらいたいのだ。

母となった娘たちには厳しい言葉しか言えない切なさ。    

三女はそれをハーバー、葛餅、チョコレートと一緒に                      飲み込んだのでした。                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

父 はしゃげ!

あけましておめでとうございます!今年も皆さまにとって健やかで 温かい幸せな年になりますようにっ!

Photo_4

書初めは遠く離れて住む私の父のこと。

お正月、例年ならかわいい甥っ子姪っ子0歳~  6歳の合計5児たちにもみくちゃ?いやいやっ、    かわいい子供達に囲まれて過ごす         エネルギッシュな実家滞在のはず。 

今回一番ちびすけの急な発熱で姉夫婦たちも早々に引き上げてしまいちょっとさびしーお正月になりかけておりました。肩を落とす父、母とともに気分を変えて近所の船橋大神宮へ初詣。

( 父↑ 破魔矢ささっとんで!)

私は実家の近くに住む女性の友人を誘い、

皆で近所にある温浴施設にも行きました。

このあたりから父のテンションが上がってきたのかなぁ?! 

(妙に口数少なくなってきてたから)

そして実家へ招き父も一緒のプチ宴会。

我が家に娘以外の女性が来たときの父のはしゃぎっぷりといったら

水を得た魚のようとでも言うのだろうか?

溢れ出るようにしゃべるしゃべる・・・

「母さん!かに・かに・かにー!マグロ・マグロ・マグロー!」って・・・

Photo_5

魚をさばくことを生業にしていた父は興奮気味に大皿を運びながら

「※ヘタマエがお造りご用意いたしましたぁ~」 ※板前とかけてる。

友人が帰った後も

「おまえが大阪帰っても、彼女遊びに来ないかな~?」

「なんでも相談乗るのにな~」

とかゆっちゃって・・・そんな父に母が呆れ顔で

「若い子がきたからって舞い上がっちゃって・・・」

ヤキモチ焼いてみせる母。

ごまかそうと必死に母に抱きついてみせる父。Photo_6

帰りの飛行機の中では

「今年のお正月はお義父さんのはしゃぎっぷりが一番おもしろかった」

と ポツリ夫。

早速友人からはお礼にと芋焼酎が送られてきました。

(↑届きました!里ちゃん、ありがとう!美し *うまし* 里かぁ~腕上げたな~さとえ~!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »